週一くらいで書きたい日記

関東在住サラリーマン 41歳 男性です。

富山旅行

北陸新幹線に乗って富山に旅行に行きました。

上野から2時間5分で着きます。車窓の景色は美しいです。

f:id:mn88en:20170521132619j:plain

<1日目>

到着してすぐお寿司を食べました。あら汁と赤貝がおいしかったです。

その後、富山ライトレールに乗って岩瀬浜駅に行き、岩瀬浜海水浴場まで歩きました。

立山連峰が美しいです。

f:id:mn88en:20170521162856j:plain

富山駅に戻り、タクシーで富岩運河環水公園(ふがんうんがかんすいこうえん)に行きました。夕日を見ながらスターバックスでチャイを飲みました。

f:id:mn88en:20170521175446j:plain

夜10時ごろのインテックビルです。紫に光っています。

f:id:mn88en:20170521221542j:plain

富山市の夜景です。

f:id:mn88en:20170521222022j:plain

<2日目>

北陸新幹線に乗って黒部宇奈月温泉駅に行きました。

f:id:mn88en:20170522115429j:plain

タクシーで黒部市宇奈月町愛本新にある愛本新用水天満宮に行きました。

富山地方鉄道 愛本駅から車で5分のところにあります。

広い田に囲まれていますので注意が必要です。

天満宮の住所を示してタクシーに探してもらいました。

愛本新用水天満宮松明祭(あいもとしんようすいてんまんぐう

たいまつまつり)は毎年10月5日に行われています。

f:id:mn88en:20170522133511j:plain

黒部市無形民俗文化財に指定されています。

www.city.kurobe.toyama.jp

f:id:mn88en:20170522134439j:plain

境内の東側に三基の顕彰碑が並んでおり、その右端に

「新用水熱心家 内呂勇次郎(うちろゆうじろう)君碑」があります。

用水の世話役を熱心に勤めたので、明治41年10月に

愛本新下村一同により建てられました。

この石碑の撮影が今回の旅の最大の目的でしたので、目的達成です。

f:id:mn88en:20170522133258j:plain

天満宮周辺の風景です。田と山が広がり、大変美しいです。

f:id:mn88en:20170522133436j:plain

15分間待っててもらったタクシーで宇奈月駅に行きました。

その後、黒部峡谷鉄道(トロッコ電車)に乗って黒薙駅(くろなぎ)に行きました。

f:id:mn88en:20170522151837j:plain

青く光る美しい湖です。新緑が素晴らしいです。

f:id:mn88en:20170522152304j:plain

自分は往復1時間でした。希望により往復2時間40分乗ることができます。

f:id:mn88en:20170522160925j:plain

<3日目>

富山地方鉄道に乗って東三日市駅に行きました。

一番前のドアしか開きません。

f:id:mn88en:20170523104426j:plain

東三日市駅の構内です。無人でした。旅情があります。

駅前に蕎麦屋さんと公民館がありました。

f:id:mn88en:20170523110401j:plain

ドコモ地図ナビの言う通りに歩きます。

黒部市役所です。担当の方に愛本新用水天満宮についてお尋ねしました。

f:id:mn88en:20170523112740j:plain

歩いて電鉄黒部駅に行きました。興味深い商店街です。

f:id:mn88en:20170523122452j:plain

電鉄黒部駅から特急(プラス110円)で新魚津駅に行きました。

タクシーで蜃気楼が見えるというところに行きました。

f:id:mn88en:20170523140124j:plain

美しい港です。

f:id:mn88en:20170523140512j:plain

新黒部駅の前です。すぐ近くの黒部宇奈月温泉駅から北陸新幹線

上野駅に帰りました。新しい発見が多くある素晴らしい旅行でした。

f:id:mn88en:20170523151742j:plain